高校と予備校どちらを優先するか

OJS_ookinasankakujyougi_TP_V

大学受験を控えると、予備校へ通い始める方も少なくありません。
高校と予備校の双方で勉強し、志望校の受験に備えるためです。

しかし、高校と予備校を両立させることが難しく、途中で予備校通いを断念してしまう方も中にはいます。せっかく知人などから予備校の評判を集めて、体験授業まで参加して学費を払っても、実際に予備校へ通わなかったとしたら、お金が無駄になってしまいます。

 

でも、両立させることは本当に難しいのでしょうか。インターネットで予備校の評判などを見ると
実は両立させている方も多いことがわかります。予備校と高校はどちらを優先するべきか、しっかり決めることがポイントです。

どちらも優先するべきと考えられますが、高校を優先させるようにしましょう。
確かに予備校での学習は受験対策になりますが、高校の勉強がおろそかになってしまうと、受験どころでは無くなるからです。
何があっても、高校を卒業するための単位取得は必要で、授業態度は内申書にも影響します。

 

仮に予備校で勉強を頑張ったとしても、高校の授業が不真面目になっては、本末転倒といっても過言ではありません。
予備校に対して、後ろ向きな評判が上がるケースの側面には、このあたりの要因が絡み合っている場合があります。

また、予備校の授業は高校で教える内容の応用になっています。
このため、高校の授業で基礎を学び、更に予備校でステップアップすることが望ましいのです。

 

逆に基礎が分かっていなければ、予備校の授業に付いていけなくなるか、学習効率が下がってしまうおそれがあります。
予備校で基礎を学ぶことも可能ですが、大学受験を念頭に置いた場合、受験に特化したカリキュラムを組むのが一般的です。

高校と予備校を両立させている方は、基本を高校で学び、応用や試験問題を予備校で学習するパターンが多くなっています。
理解できるまで何度も反復することで、更なる応用をできるようになります。
また、自宅で復習することで新たな疑問が生まれたら、再び予備校でそれを学ぶのです。

 

予備校についてプラスの評判が見られる場合には、自分や希望や、置かれている状況が予備校の方針とマッチして
合格まで導いている場合が多いのです。

一概に言えませんが、まずは高校の勉強を優先させましょう。
基礎を学んでおかなければ、予備校の授業へついて行くことが難しくなります。

しっかりと高校で勉強し、大学受験のために予備校へ通うことが望ましいと言えます。